「ロミオとジュリエット」

■原作:W.シェイクスピア
■脚本・演出:伊藤えん魔

■STORY


古きイタリアの街ヴェローナ

キャピュレット家とモンタギュー家という二つの旧家があった。
両家は代々お互いを仇といがみあっていた。
没落しかけているモンタギュー家には
ロミオという一人息子がいた。

ロミオは有能で人望もあった。
しかし、家系に縛られる身に世を儚み、
仲間と喧嘩にあけくれ、
裕福な女の恋心を食い物にして、
まるでジゴロのような人生をおくっていた。

「俺の人生など、うたかたの幻だ」
ある時、ロミオはジュリエットと街で出会う。
彼女は美しく聡明だったが、
キャピレット家の娘として
政略の道具にしか使われぬ身だった。

「この私、まるで生け贄ね」

ある夜、この二人は舞踏会で出会い恋に落ちる。
ロミオが騙し、ジュリエットは騙される。
互いにそれをよくわかった偽りの恋の筈だった。

「運命に逆らうのも、また運命だ。そう思わないか?」

その時から、彼らの運命が変わり始める…
■cast

薔薇バージョン:
ジュリエット=田守悠花
ロミオ=小松みなみ

刀剣バージョン:
ジュリエット=小澤瑞季
ロミオ=貴志展弘

シスター=倉田雅世
神父=梅田拓弥
ティボルト=大石祥生
パリス伯爵=山本大輝
キャピレット=中西正樹
ベンボーリオ=吉田亜未
バルサザー=橋本真衣乃
乳母=佐藤真美
大公=原田あずさ







「レビュー/アーカイヴス」トップ