■STORY

■作・演出:伊藤えん魔


エデン=最後の楽園と呼ばれる国。
やがてそこに破壊の鉄槌が舞い降りる。

エデンに住むシレウス。
彼は翼のある飛翔族の中に生まれた唯一の片羽の異形。
それゆえに空を飛べず、仲間に馬鹿にされている。

シレウスには一人だけ友人テリクスがいた。
テリクスは飛翔族の王族だったが、
彼だけがシレウスを馬鹿にしなかった。




飛翔族は空を飛び、
高い木々の上に咲く崇高な花を食べて生きている。
大空で暮らす彼らには天敵もいない。
自分たち以外の知的生命はいないと思っていた。
遥か眼下に見える地上はただの荒野であり。
生命がいたとしても下等な蛮族として冷徹に考えていた。

シレウスは飛べないので歩いて暮らしていた。
高嶺の花を食べる事ができないので地面の枯花を食べている。
シレウスはある日、地上まで歩いてみた。
そこはエデンで考えられているような荒れ野ではなく、
生命に満ちあふれ、美しい自然が広がっていた。
そこでシレウスは地に生きるロロフスに出会う。
彼には翼がなく狩りや収穫をして暮らしていると言う。
シレウスは生まれて初めての世界に興味を持つ。





ロロフスと仲良くなったシレウスは
飛翔族の目を盗みつつ空と地を頻繁に行き交った。
多くの友達ができた。
彼らは空を飛べず、愚鈍で奇妙、
粗野な者もいたが、誰もシレウスを馬鹿にしなかった。

世界は空だけでなく、
地にも、また広大な海にも、あらゆるものが生きている事を知る。

「世界は美しい。永遠にこの時が過ぎればいい」

しかし、世界の破滅がやって来ようとしていた。

世界には低く不気味な長笛の音が鳴り響き、
天候は激変し、食べるものは減っていった。
あらゆる生命が生き長らえる場所が減ってゆく。
生きる者達は我先に安全な場所を求め、争うようになる。
そして、空地海を問わず、大きな争いが広がってゆく。

やがて「絶対的な破壊」が遥か上空から舞い降りてくる。
多くの友、仲間、敵、すべてが倒れて行く。




「僕はなぜ片翼として生まれたんだ・・・?」


シレウスは最後の選択を迫られる。
それはいつか新しい世界への扉を開く鍵となる・・・

「半翼の子 止まるな 汝は美しい」